アフィリエイト広告を利用しています

【イントロできませんは卒業しよう】ジャズピアノ初心者がセッションでイントロを出す方法

イントロ

こんにちは! ジャズ部へようこそ!

部長のチーコといいます

ジャズ部では

  • ジャズピアノをはじめようと思っている方
  • ジャズピアノでセッションに参加したい方
  • ジャズピアノをもっと楽しみたい方

に分かりやすくセッションで楽しめるようになるまでの
練習方法などを紹介しています

今回はジャズセッションをするときに必ず必要なイントロを

ピアノで出す実践方法を紹介します

結論!イントロに困ったら最後の8小節を弾く

スウィングジャズのイントロで困ったら、テンポを確認して曲の全体のイメージを作ってから、最後の8小節を弾きます。

自分で曲が選べるならすでにイントロが決まっている曲のイントロをしっかり練習して演奏するってのも初心者にはおすすめ。あとイントロがないカウントで入るものを選んでしまうのもありかもです笑

慣れてきたら下記に挑戦してみます

  • 曲の最後の8小節のコードを参考に自分でメロディーを考えて演奏する
  • 循環コードを使って演奏する
  • 曲のトニックの5度の音を弾いて8小節目で5度のセブンスコードを演奏する
  • 自分で自由に演奏して最後だけ入りやすいコードを設定する
ちーこ部長
ちーこ部長

あまりにもひどいイントロになりそうなときは最悪カウントで。と逃げることもできますが、カウントを出すのも結構難しいのです

ジャズセッションでのイントロについて

イントロとは曲の前奏のようなものです

ジャズセッションでのイントロの役割は

  • 曲のテンポを出す
  • 曲の調を分かりやすくする
  • みんなが一斉に演奏に入れるようにする

このような役割があります

イントロは基本的にピアノかギター

そしてこのイントロは基本的にコード楽器であるピアノやギターが演奏します

曲によってはベースやドラムから始まって、ピアノが後から乗かっていくものや、管楽器とユニゾンで一緒にイントロを演奏するってのもあります

イントロの基本は8小節

イントロの基本の長さは8小節。

名演奏を聴くと4小節や8小節より長いものもありますが、セッションの時は8小節が皆の共通認識となっています。

イントロによって他の楽器のやる気をあおることができる!?

曲を始める前のイントロは「よーしやるぞ」という気合を入れる場所だと思っています。

なのでこのイントロが適当だと他の演奏者も気合が入りにくくなります。

イントロを出すときは下手でも気合を見せるってことが、大切なのかなって思っています。

ジャズピアノの上達には耳コピーがおすすめなのです。イントロも名演を上手にコピーして演奏すると他の演奏者の気合が桁違いに入るのでおすすめです

イントロを出す方法

ピアノでスウィングジャズのイントロを出す方法は

  • すでにイントロが決まっている曲のイントロを演奏する
  • 曲の最後の8小節を演奏する
  • 曲の最後の8小節のコードを参考に自分でメロディーを考えて演奏する
  • 循環コードを使って演奏する
  • 曲のトニックの5度の音を弾いて8小節目で5度のセブンスコードを演奏する
  • 自分で自由に演奏して最後だけ入りやすいコードを設定する

ざっくりかき出すとこれだけ方法があります

簡単なのは曲のさいごの8小節をメロディーそのままで演奏してイントロにしてしまうことです

これだけでも十分なイントロです

初心者の時はまずはこの最後の8小節を弾いて

きちんとリズムが出せて、皆が入れるように演奏できるか試しましょう

最初からかっこよくイントロを決めようと思ってもうまくいかず、迷惑をかけてしまうことが多いです

ボサノバやラテンの曲はまた別

ボサノバやラテンの曲のイントロはスウィングジャズのイントロの出し方とはまた別になります。

セッションでよく演奏されるボサノバの曲は半音を上下させるってものがあります。Fキーの曲なら、FとF♯を交互にボサノバのテンポで弾きます。

ちーこもよくわかってなくてなんとなくて弾いているので、また勉強してアップしますね。

イントロを出す前に必ずカウントして曲のイメージを持つ

イントロを出す前にテーマを演奏する人に曲のテンポを聞きます

その後曲をイメージしてから、心の中で「ア ワン ア ツー ア ワン ツー スリー フォー」とカウントしてからイントロを弾きはじめます

ちーこはこれを忘れてテンポをきいていきなりイントロを弾き始めてしまうのですが、こうなるとテンポやノリが崩れて入りにくいイントロになってしまいます

ジャズでイントロがうまく出せるようになるにはリズムの練習が一番重要です

イントロが決まっている曲

すでにイントロがある曲ならイントロの出し方もつかめますし、

セッション参加者も慣れたイントロなので

少々テンポが上手くだせていなくても入りやすいです

イントロがあっておすすめな曲は

  • 「A列車でいこう」
  • 「サテン・ドール」
  • 「オール・ザ・シングス・ユー・アー」
  • 「コンファーメーション」

黒本と呼ばれるジャズ・スタンダード・バイブル

の中にイントロのメロディーがあるのでそれを弾きます

しかしこの決まったイントロをそのまま弾いてもうまくいかないことが多いです

必ず曲のテンポを出して、ジャズのリズムにノレている必要があります

ちーこは「コンファメーション」のイントロを何度も練習しましたが、いまだに上手くできません

このように決められているからと言って簡単ではないのです

ジャズのリズムにノレていないとイントロはうまくいきません

曲の最後の8小節を演奏する

曲の最後の8小節のメロディーとコードを演奏して

イントロにするのが

初心者のうちはおすすめです

どうしてもかっこよいイントロを出したいなと思うのですが

ジャズのリズムに慣れてこないとこのかっこよいイントロは出せません

なので最初は曲の最後の8小節をイントロとして演奏して

みんなが気持ちよく曲には入れているが確認できるようになったら

以下のイントロの方法にも挑戦してみてください

  • 曲の最後の8小節のコードを参考に自分でメロディーを考えて演奏する
  • 循環コードを使って演奏する
  • 曲のトニックの5度の音を弾いて8小節目で5度のセブンスコードを演奏する
  • 自分で自由に演奏して最後だけ入りやすいコードを設定する

曲の最後の8小節のコードを参考に自分でメロディーを考えて演奏する

みんなが気持ちよく曲には入れるようなイントロを曲の最後の8小節を演奏することでできるようになったら

曲の最後の8小節のコードに合わせて自分でメロディーを作ってそれをイントロにしていきます

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-81.png です

循環コードを使って演奏する

ジャズではよく循環コードがでてきます

この循環コードはそのコードの機能が循環してぐるぐる回って使えるというものです

コードの機能の勉強をしないとちょっと分かりにくいですが

例えばCキーだとすると

C Am  Dm7 G7  C Am7 Dm7 G7

Em7 A7  Dm7 G7  Em7 A7 Dm7 G7

などが循環コードと呼ばれています

その曲のキーの循環コードを弾いて

あとはメロディーを作ってイントロにします

Fキー

F Dm7 Gm7 C7 の循環コードを使ってイントロをつくってみました

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-82.png です

曲のトニックの5度の音を弾いて8小節目で5度のセブンスコードを演奏する

トニックの5度上の音を左手で弾いて右手で自由にシンプルなメロディーを弾くっていうのが、初心者でも間違えにくく、みんなが入りやすいイントロができます

トニックがCの場合の5度の音はソの音

トニックがFの場合の5度の音はドの音です

 トニックがFの曲だと

ドを左手で弾いて右手は自由なメロディー (シンプルなのがおすすめ)

を演奏して曲が始まる前の1小節に C7のコードの音を入れます

もしくは左手でFとC7のコードを繰り返して、右手でメロディーを作って弾きます

Fのコードは転回してドの音が下にくるFonC で弾くのがおすすめです

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-85.png です

自分で自由に演奏して最後だけ入りやすいコードを設定する

これは最後の難関ですので

ちーこはできません

  • ルバートで32小節のテーマを演奏して最後にテンポを出して曲に入る
  • 最初の16小節をルバートで演奏してテンポを徐々に出していく
  • 自分でその曲のキーに合わせてコードもメロディーも作って演奏する

ほんとにさまざまなイントロがありますので

是非名演を聴いてお気に入りのイントロを探して真似してみてくださいね

まとめ

今回はジャズのイントロを実際に弾いてみる方法を紹介しました

ちーこも勉強の身で自己で勉強したり聴いたりしたことを

まとめたのでこれがすべてではないですが

試行錯誤しながらイントロについて学んだことをまとめてみたので

是非参考にしてみてくださいね

最後までご覧いただきありがとうございました

イントロと同じくらい?それ以上に大事なエンディングについてはこちらの記事もチェックしてみくださいね

コメント