アフィリエイト広告を利用しています

スケールの考え方と覚え方!リディアンスケール編

スケール

こんにちは! ジャズ部へようこそ!

部長のチーコといいます

ジャズ部では

  • ジャズピアノをはじめようと思っている方
  • ジャズピアノでセッションに参加したい方
  • ジャズピアノをもっと楽しみたい方

に分かりやすくセッションで楽しめるようになるまでの
練習方法などを紹介しています

スケール(音階)についての考え方と練習方法をまとめていきます

スケールが分かれば、アドリブの幅も広がるし、なんといってもジャズピアノがさらに楽しくなりますよ!

今回のスケールはリディアンスケールを覚えていきましょう!

スケールについておさらい

スケールとは音階のことです

音階とは音律から選び出した音を並べたものです

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-2.png です

ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドの白鍵と

ド♯(レ♭)、レ♯(ミ♭)、ファ♯(ソ♭)、ソ♯(ラ♭)、ラ♯(シ♭)の黒鍵

の12音が西洋音楽でもジャズでも使われている音律です

そこから選び出した音

例えばドレミファソラシドを選びだして

ドからドレミファソラシドと並べれば Cメジャースケールとなります

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-6.png です

こちらの記事でメジャースケールとマイナースケールについてまとめていますので

是非チェックしてみてくださいね

ジャズでよく使うスケールは全部で16種類くらい

スケール(音階)は音律から選んだ音であり

日本では4度と7度の音を抜いた 47抜き音階が有名ですね

Cキーの47抜き音階は

ドレミソラとなります

日本の童謡や唱歌などでよく見られます

そんな音階はたくさんあるのですが

ジャズでよく使われるとされる音階はこれらです

  • イオニアンスケール(メジャースケール)
  • ドリアンスケール
  • フリジアンスケール
  • リディアンスケール
  • ミクソリディアンスケール
  • エオリアンスケール(ナチュラルマイナースケール)
  • ロクリアンスケール
  • メロディックマイナースケール
  • オルタードスケール
  • コンビーネーション・オブ・ディミニッシュスケール
  • リディアン7thスケール
  • ロクリアン♯2スケール
  • ブルーノートスケール
  • ペンタトニックスケール
  • ホールトーンスケール
  • ハーモニック・マイナーパーフェクト5thビロウスケール

しかも12キーすべてで弾けるようになるのが理想です

考えただけで頭がクラクラしてきますが

コードを覚える時と一緒でスケールの構成音の音と音の間の数を覚えてしまえば

そこまで難しくないのです

今回をリディアンスケールを学んでいきましょう

リディアンスケールとは

Cリディアンスケールは

ドレミファ♯ソラシです

譜面で表すと

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-104.png

鍵盤で表すと

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-105.png

ドとレ、レとミ、ミとファ♯、ソとラ、ラとシ、

の5つのか所が1音空いています

そしてファ♯とソ、シとドの間は音が空いていません

リディアンスケールは12キーすべてで

並べた時に

音と音の間の数が1、1、1、0、1、1、0となります

リディアンスケールの覚え方

リディアンスケールの覚え方はスケールを並べた時の

音と音を空ける数 1、1、1、0、1、1、0と覚えます

音楽を習っている人なら全音上がる半音上がるの方が分かりやすいかもしれませんね

その場合は

全、全、全、半、全、全、半と覚えてください

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-105.png

またメジャースケールのだ第4音が半音上がっているっていう覚え方もよいかもしれません

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-106.png

この覚え方でもよいですが

一番簡単に覚えられる方法は

リディアンスケールを弾きたいキーの完全4度下(完全5度上)のメジャースケールと覚える方法です

例えばCリディアンスケールを弾きたければ完全4度下(Cドの音から音を4つ空けて5番目の音Gのメジャースケールを

弾けばCリディアンスケールとなります

CリディアンスケールとGメジャースケールは構成音が同じです

CリディアンスケールはGメジャースケールの第4音からならべた音となります

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-113.png

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-114.png

この覚え方だととっさに使いやすい気がします

メジャースケールを覚えてない場合はこちらの記事もチェックしてみてくださいね

□M7コードのアドリブでリディアンスケールが使える

リディアンスケールをアドリブで使う時は

メジャーセブンス □M7があるところで使います

弾きたいキーの完全4音下(完全5度上)のキーのメジャースケールをひいてみてください

それだけでリディアンスケールになっています

GM7コードでGリディアンスケールを使ってアドリブするなら

Gキーの完全4音下(完全5度上)のDメジャースケールの構成音を使えばよいのです

練習方法

鍵盤を使うと頭に入りやすいのでピアノ以外の楽器の方も是非ピアノで練習してみてください

練習方法は

左手でコードをならして、右手でそのコードの完全4音下のメジャースケールを弾きます

Cリディアンスケールなら左手でCM7コードをならし

右手でGメジャースケールを弾きます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-110.png

これを12キーで弾いていきます

  1. C 
  2. C♯(D♭) 
  3. D  
  4. D♯(E♭)   
  5. E  
  6. F  
  7. F♯(G♭) 
  8. G  
  9. G♯(A♭)       
  10. A     
  11. A♯(B♭) 
  12. B       

C♯リディアンスケールなら

左手でC♯M7コードを弾いて

右手でA♭メジャースケールを弾きます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-109.png

慣れてきたら

Cリディアンスケールなら左手でCM7コードをならし

右手でGメジャースケールをC(ド)の音からはじめて弾きます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-111.png

これを12キーで弾いていきます

なかなか難しく感じるかもしれませんが

慣れです

脳トレだと思ってがんばってみてくださいね

まとめ

今回はリディアンスケールの覚え方や使い方についてまとめてみました

スケールの考え方はちょっとややこしく感じますが

とにかくメジャースケールの12音のキーをしっかり覚えて

弾きたいキーの完全4音下(完全5度上)のキーのメジャースケールをひいてみてください

それだけでリディアンスケールになっています

ほかのスケールもそうやって合理的に覚えていくのがおすすめです

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました