アフィリエイト広告を利用しています

【借用和音】ジャズピアノ初心者こそコード分析して部分転調に気が付こう!

コード進行

こんにちは! ジャズ部部長のチーコです

ジャズ部では

  • ジャズピアノをはじめようと思っている方
  • ジャズピアノでセッションに参加したい方
  • ジャズピアノをもっと楽しみたい方

に分かりやすくセッションで楽しめるようになるまでの
練習方法などを紹介しています

今回のテーマは借用和音。借用和音が分かるとアドリブしやすくなりますよ!

確認!コード進行とは

このコード進行は

ケーデンスの組み合わせでできています

ケーデンスとは曲の中でトニックへの帰り方(終止形)を分類したもので

各コードがトニックに向かって進行して安定しようとする一つのまとまったコード進行のことを言います

クラッシックでいうとカデンツといいます

ケーデンスのかたちは細かく分けると8つあります

  1. D→T  Ⅴ→Ⅰ
  2. S→T
  3. S→D→T
  4. S→SM→T
  5. S→SM→D→T
  6. SM→D→T
  7. SM→T
  8. D→S→T

T トニック

D ドミナント

S サブドミナント

SM サブドミナントマイナー

すべてがトニックに向かっていますね

ドミナントやサブドミナントを経由してトニックへ向かうのです

他の調からコードを借りる!借用和音

借用和音とは他の調(キー)からコードを借りてくることです

他のキーのコードを借りることで部分的に転調し曲に広がりを与えます

ジャズの曲で借用和音がない曲なんてないのでは?というくらいこの借用和音を使った部分転調は多用されています

ダイアトニック以外のコードは借用和音

同じキーのコードとはダイアトニック上にあるコードのことです

ダイアトニック上にあるコード以外のコードが出てきたら

そのコードは借用和音ということになります

Cメジャーキーのダイアトニックはこちらです

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-48.png です

Cメジャーの曲でこれ以外のコード(和音)がでてきたらどこかのキーから借りてきた

借用和音ってことになります

ジャズのみならずポピュラー音楽でも借用和音は多くみられます

借用和音の定義はちょっとややこしいですが

  • 同主調からの借用和音(モーダルインターチェンジ)
  • セカンダリードミナントからの借用和音

この2種類が主です

同主調からの借用和音(モーダルインターチェンジ)

同主調からの借用和音 

別名モーダルインターチェンジともいいます

同主調とはメジャーキーとマイナーキーのことですです

Cメジャーキーの同主調はCマイナーキーになります

なのでCメジャーキーの曲の中に

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-31-1024x151.png

Cマイナーキーのダイアトニック上のコードがでてきたら

同主調からの借用和音 となります

セカンダリードミナントからの借用和音

セカンダリードミナントからの借用和音をみていきます

セカンダリードミナントとは

 Ⅴ7が調性にかかわる基本的なドミナントコードに対して

二次的なものであり、ドミナントセブンスコード

  • Ⅰ7
  • Ⅵ7
  • Ⅶ7
  • Ⅲ7
  • Ⅱ7

Cメジャーキーだと

  • C7
  • A7
  • B7
  • E7
  • D7

これらがセカンダリードミナントでありこれらのコードがでてきたら借用和音となります

例えばCキーの循環コードで

C Am7 Dm7 G7 C 

こんなのがありますが、

C A7 Dm7 G7 C

このようにAm7をCメジャーキーのセカンダリードミナントA7に変えている楽譜はよくみかけます

まとめ

今回はコード進行を分析するのに欠かせない

借用和音について紹介しました

コード分析するには

『ジャズ・スタンダード・バイブル』って本が欠かせません

この本を見ながらいろいろな曲のコード分析ができますよ

 
 
最後までご覧いただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました